アクセシビリティポリシー

 
1998 年、連邦議会は 1973 年のリハビリテーション法を修正し、連邦政府機関が電子情報技術 (EIT) を障害者が利用できるようにすることを義務付けました。 法律 (29 USC § 794 (d)) は、電子および情報技術を開発、調達、維持、または使用するすべての連邦政府機関に適用されます。 下 セクション508、政府機関は、障害のある従業員とメンバーに、他の人がアクセスできるのと同等の情報への一般アクセスを提供する必要があります。 以下の苦情処理プロセスは、障害に基づく差別またはアクセスを含む Web サイトに関する苦情を迅速かつ公平に解決することを目的としています。
 
 
 

第 508 条に関連する苦情処理方針

 
Lawrence Public Sc​​hools は、障害のある生徒の権利を保護し、保証することに取り組んでいます。 この Web サイトは、セクション 508、および 255 年通信法第 1934 条でカバーされる電気通信機器および顧客宅内機器のガイドラインに従っています。それぞれの法律でカバーされている情報通信技術は、障害を持つ個人がアクセスでき、使用できます。
 
Lawrence Public Sc​​hools は、セクション 508 に関するプログラムの苦情を調査し​​、処理します。障害のある個人は、Lawrence Public Sc​​hools ブランドの Web サイトやアクセスできないドキュメントなど、既存の電子情報技術 (E&IT) を要求する管理上の苦情を Lawrence Public Sc​​hools に提出することができます。セクション 508 の基準に準拠していない場合は、セクション 508 の条項に準拠するように検討されます。
 

セクション 508 のローレンス公立学校の苦情処理手順

 
障害に基づく違法な差別を受けている、または第 508 条に基づく法律で義務付けられているサービスや宿泊施設へのアクセスを拒否されていると考える個人またはグループは、これらの苦情手続きを利用することをお勧めします。 
 
苦情は、詳細な書面による苦情の形式でなければならず、次の内容を含める必要があります。 
 
  1. 関連する日付を含む、苦情の主張と関連する事実の完全な説明
  2. 問題を解決するために申立人がすでに行った手順の概要。これには、関係者の名前と、サービスを提供する別の手段が使用されたかどうかが含まれます。
  3. 要求された解決策と、認識された違反ごとに要求された配慮に対する申立人の論理的根拠の説明
  4. 問題のサポート ドキュメントとスクリーン ショット
  5. 苦情を申し立てた人の名前と連絡先情報 (住所、電子メール アドレス、電話番号)
 
書面によるセクション 508 の苦情を完了した後、苦情は次の宛先に送信する必要があります。
 
デニス・スナイダー
補佐
ローレンス公立学校
233 ハーバーヒル ストリート
マサチューセッツ州ローレンス01840
ファックス:(978)722-8550
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。 アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 
苦情を申し立てた者は、発生から 508 日以内に、第 10 条による非公式の苦情を Lawrence Public Sc​​hools に通知する必要があります。 
 
苦情の写しは、必要に応じて、ローレンス公立学校メディア、IS&T、および苦情の最良の代替案と解決策を模索するためのレビューと議論に関与する人々に送信される場合があります。
 
副教育長が苦情の一部または全部が有効であると信じる場合、適用法で許可されている範囲で、副教育長は苦情の解決を指示し、その解決を苦情者に通知します。
 

機密性

 
ローレンス公立学校は、苦情処理プロセスを通じて共有される情報の機密性を維持するよう努めます。 ただし、事実の調査や苦情解決の努力のために開示が必要になる場合があります。 開示を行わなければならない限られた例では、開示は、事実調査プロセスを進めるか、その他の方法で苦情に対処するために必要な人物に限定されます。 苦情に関与するすべての人は、プロセスにおける機密保持の重要性を知らされ、事実調査プロセス中に議論された情報の機密性と苦情申立人の身元を維持するよう求められます。 
 
苦情申立人は、苦情が XNUMX つまたは複数の特定の電子情報技術 (E&IT) に対して具体的に向けられている場合、苦情自体または苦情の一部が対応のためにそれらの部門および個人に開示されることを理解する必要があります。 .
 
苦情申立人は、苦情が XNUMX 人または複数の特定の個人に対して具体的に向けられている場合、苦情自体または苦情の一部が対応のために当該個人に開示されることも理解する必要があります。
 

アクセシビリティ対策

 
ローレンス公立学校は、禁止行為の再発を防ぐために、苦情を申し立てた人に対する差別的な影響を是正することを目的とした救済策を課します。
 
この苦情手続きの下で可能な救済策には、是正措置、差別の影響を逆転させるための行動、および苦情に対する合理的な解決策を提供するための措置が含まれます。 
 

正式な連邦機関の苦情処理手順

 
個人またはグループは、障害関連の苦情を解決するために、ローレンス公立学校のプロセスを利用することが奨励されています。 ただし、リハビリテーション法第 508 条または改正された障害を持つアメリカ人法 (ADAAA) の違反に基づいてローレンス公立学校に対して苦情または苦情を申し立てる個人またはグループには、指定された連邦機関に苦情を申し立てる権利もあります。
 
公民権局 (OCR)
米国教育省
8thフロア
5郵便局広場
マサチューセッツ州ボストン02109-3921
電話:(617)289-0111
TDD: 800-877-8339
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。 アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 

射撃記録

 
ローレンス公立学校は、苦情に関連するファイルと記録を保持し、適用される法的要件に従って、そのようなファイルと記録の機密性を確保します。