スタッフのCOVID情報

 

8-1-22 更新の HR Covid スタッフ プロトコル ドキュメントを参照してください。

 

  • あなたが持っている場合 陽性検査済みを参照してください プロトコル A – これが唯一の適用可能なプロトコルです
  • あなたはされている場合 濃厚接触者と判明を参照してください プロトコル B まず、次に移動します プロトコル C 症状がある場合
  • あなたが持っている場合 COVID 症状を参照してください プロトコル C

プロトコル A – 以下の個人向け テスト陽性 COVID-19の場合

人事部に通知する このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。 アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 検査結果が陽性であることを確認し、メールに以下の質問への回答を含めてください。

  1. 建物に最後にいたのはいつですか。 (建物名もご記入ください)
  2. COVIDの陽性反応を示したのは何日ですか?
  3. 症状がある場合、症状が始まった日付は?
     

従業員は次のことを行う必要があります。

  • 休暇申請を ESS に記録します。 (利用可能な病欠、個人的、または休暇/非仕事時間を使用することができます - コメント ボックスに「Covid 関連」と記入してください。) 
  • 症状が現れた日、または無症状の場合は陽性反応が出た日から 5 日間隔離します。 
  • 職場復帰日に関しては、CovidTeam からのさらなる指示を待ちます。 
  • 5 日間の隔離期間に続いて、個人はさらに 5 日間、他の人と一緒にいるときにマスクを着用する必要があります。 
  • Do NOT CovidTeam から職場復帰日に関するフォローアップの電子メールを受信しない限り、職場に戻る必要があります。
     

COVID の職場復帰プロトコルに関する質問は、電子メールで送信できます。 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。 アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にする必要があります。.


プロトコル B – 濃厚接触者:

無症候性 濃厚接触者として特定された従業員は、隔離せずに学校に戻ることができます。 マスクできる人は 10 日目まで。2 日目と 5 日目のテストが推奨されますが、必須ではありません。 もしも ANY 症状が現れる場合は、すぐにプロトコル C に進みます。


プロトコル C – 用 すべて 誰が 症状がある COVID-19の場合

期間: 症状の解決に依存
学校に戻る: 次の場合、個人は学校に戻ることができます。

  • COVID-19 の COVID 検査結果が陰性である。 注意: 個人が密接な接触者でない限り、医療専門家が COVID-19 様の症状について別の診断を行う場合、個人は検査の代わりにこの推奨事項 (例: インフルエンザまたは連鎖球菌性咽頭炎) を使用することができます。
  • 症状改善あり
  • 解熱剤を使用せずに、少なくとも 24 時間発熱がない。
  • 症状が治まるまでマスクを着用してください。

 

従業員は次のことを行う必要があります。

  • ESS に任意の休暇申請を記録します。 (利用可能な、病気、個人的、または休暇/仕事以外の時間を使用することができます - コメントボックスに「Covid関連」と記入してください。)  
  • 該当する場合は、医療提供者に連絡してください。

  • 陰性のCOVID検査を受ける OR 症状に対する医師の代替診断。
     

COVID の職場復帰プロトコルに関する電子メールに関する質問 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。 アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にする必要があります。.

 

よくある質問 メニューの先頭に戻る